2017年2月17日 更新

【金持ちとは】キャッシュフロー・クワドラントを知っておく

ロバートキヨサキ氏は、自己啓発本の出版でとても有名になっています。そんなロバートキヨサキ氏が提唱する「キャッシュフロークワドラント」とは一体どういった内容なのでしょうか。キャッシュフロークワドラントの意味や考え方などを紹介します

42 view お気に入り 0

キャッシュフロークワドラント

キャッシュフロー・クワドラントはE・S・B・Iに区切った4分割の図からなりたっています。キャッシュフローは「お金の流れ」でクワドラントは「4等分」という意味になりますね。

E Employee(従業員)
S Self Employee(自営業者)
B Business Owner(ビジネスオーナー)
I Investor(投資家)

どんな人でもこの4つのタイプのどれかに属し、お金を生み出しています。そして、それぞれのタイプで考え方がまるで異なるため、得られる結果が変わってきます。
キャッシュフロークワドラントは誰もが知っておくべき事 (792)

キャッシュフロークワドラントは、
「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者であるロバートキヨサキ氏が提案をする金持ちになるための考え方の一つです。
人は4つに分割した枠のどこかに入っているということですね。
経営者であれば、BやIに属していますね。

金持ちになれるクワドラント

Free photo: Coins, Banknotes, Money, Currency - Free Image on Pixabay - 1726618 (807)

この中で金持ちになれるのは、BとIのクワドラントである。

EとSは、給料から税金を引かれたものをもらい日常の支払い等をする
BとIは、給料から諸経費を引いたあとに税金が引かれる
ため、自由になるお金が違う。

その他の面でも、税制上有利である。
また、BとIは資産を持っているので、資産がお金を生み、さらに資産が増える。
EとSは資産と思って負債を買い、負債のためにお金を払う。

キャッシュフローの流れが違うのである。
金持ちになれるのは4つの内のBとIということを、ロバートキヨサキ氏は教えてくれています。
経済的な自由を得ることができるのは、BやIになるべきと言うことです。

どうすれば良いのか

Free illustration: Dollar, Money, Green, Finance - Free Image on Pixabay - 1702283 (808)

今の自分に照らし合わせながらキャッシュフロークワドラントを読み進めて行くと、BクワやIクワに行く為にはどう変わっていけば良いのかが少しずつ見えてきました。

一番変えないといけない部分はやはり『考え方・捉え方』だと思います。

金持ち父さんシリーズでも一貫して成功者のマインドに関して示唆されていますが、不安や恐れ、失敗に対する考え方を変える事、感情のコントロールをする事が今の僕には本当に課題だと感じています。
BやIのクワドラントに移行するためにはどうすれば良いのか、それがロバートキヨサキ氏の言いたいことです。
移行するためには、考え方を変えなければいけないとしています。

どこにいたいのか

Free illustration: Looking For A Job, Work - Free Image on Pixabay - 1257233 (810)

クワドラントというのは単に職業という考え方というよりは一人ひとりの感情のコントロールの仕方の違い、価値観の違いといったほうがピッタリくるのかもしれません

「安定」を求めるのがEクワドラント、「プロフェッショナル」を求めるのがSクワドラント、「自由」を求めるのがBとIのクワドラントといえると思います。

あなたはどのクワドラントになりたいですか?

ロバート・キヨサキ氏は、突然右側のクワドラントになろうとするのではなくまずはEクワドラントになることを提唱しています。
クワドラントの中のどこに属していたいのかと言うことも大切です。
金持ちになるためには、資産を増やさなければいけないためにリスクや結果が求められます。
安定を求めるのであれば、資産を大きく増やすことは出来ないですね。
人によって考え方は異なります。

クワドラントの考え方

Free photo: Tie, Necktie, Adjust, Adjusting - Free Image on Pixabay - 690084 (809)

四つのクワドラントのうち、どれがいいとか、どれが悪いということではないのですが、いま自分が属するクワドラントで満足していない人、あるいは「金持ち父さん」の教えにしたがって「経済的自由」を得たいと思っている人は、クワドラントを移動するために第一歩を踏み出さなければいけない、そのためのお手伝いがしたい――というのが今回の本のテーマです。もちろん、金持ち父さんの教えの究極の目的は経済的自由を得るところにあるので、クワドラントの移動といっても、左側のクワドラント(EとS)から右側(BとI)へ移ることが主に取り上げられています。
クワドラントのどの位置にいれば良いのかというのは特に問題になりせん。
この中のどこに属したいのかが問題になります。
方向性を見失わないようにロバートキヨサキ氏はこの考え方に基づいて、
一歩を踏み出してみてはと言う事を教えてくれていますね。
金持ちになるための自己啓発として、こういった本を読んでみるのも良いですよ。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目指せ玉の輿!お金持ちと結婚するにはどうしたらいい?

目指せ玉の輿!お金持ちと結婚するにはどうしたらいい?

結婚で玉の輿に乗りたいという人は、婚活でも意識していると思いますが、そうはいっても誰もがお金持ちの方と結婚できるわけではありません。ですが実際に結婚している人もいて、そういった人は一体どうやってお金持ちとの結婚生活を手に入れることができたのでしょうか。
モスキート | 87 view
お金持ちになりたいのならマインドから学んでいきましょう!

お金持ちになりたいのならマインドから学んでいきましょう!

お金持ちとそうではない人の差というのはどこから来るのか?というのを考えたことはありますか?全てのお金持ちの人が生まれたときからという環境ではなく、その違いは意外に私たちにも参考になることのようです。今回はマインドについて調べてみました。
モスキート | 41 view
たったこれだけ?お金持ちの生活を覗いてみて分かること

たったこれだけ?お金持ちの生活を覗いてみて分かること

お金持ちの生活は桁違いだから自分には縁がないなんて思ってはいけません。実は自分たちの生活に照らし合わせて参考になる事柄というのが多く存在するんです。たったこれだけ?と思わず言ってしまうような簡単なことを中心に纏めてみましたので参考にしてください。
モスキート | 263 view
細かい点に注目!服装から学んでいくお金持ちの条件とは?

細かい点に注目!服装から学んでいくお金持ちの条件とは?

人の服装というのは、仕事や日常で欠かすことのできない条件の一つとなります。それゆえに人から見られるポイントとして、重要な役割を担っていると言えるでしょう。そう考えると、お金持ちの人の「服装」というのは、どういったところに配慮しているのか気になりませんか?
モスキート | 137 view
お金持ちは何に気を付けて財布を使用しているのか?

お金持ちは何に気を付けて財布を使用しているのか?

お金持ちならば財布にはどういったことに気を付けているんだろうというのは非常に気になることの一つだと思います。そこで金運などには左右されずに実際にお金持ちの人が多く利用している財布の共通点というものを調べてみましたので、参考にしてください。
モスキート | 120 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kaneda kaneda